名称 ・旧横須賀鎮守府庁舎
ふりがな ・きゅうよこすかちんじゅふちょうしゃ
住所 ・横須賀市稲岡町
TEL
リンク http://goo.gl/I5guca


鎮守府は日本海軍の根拠地として艦隊の後方を統轄した機関です。横須賀の他にも、呉、佐世保、舞鶴に鎮守府があり、所轄海軍区の防備、所属艦艇の統率・補給・出動準備、兵員の徴募・訓練、施政の運営・監督にあたりました。
横須賀鎮守府庁舎は、昭和20年(1945年)の終戦後、連合軍に接収され、現在は在日米海軍司令部庁舎となっています。


  • 横須賀鎮守府

    横須賀鎮守府

    1871年の「海軍規則」において「附近ノ諸港ヲ統括」する「海軍提督府」の条項を設け、翌年にその職員が発令され、執務場所を海軍省内とした。
    1876年8月、「提督府」を「鎮守府」とし「東海鎮守府」を横須賀に、「西海鎮守府」を長崎に置くことが決定されたが、9月14日に東海鎮守府を横浜に設置し、西海鎮守府は設置されなかった。
    1884年12月15日、東海鎮守府を横須賀に移転し「横須賀鎮守府」と改称、さらに横須賀海軍造船所・横須賀海軍病院を鎮守府の所管とした。
    1886年4月22日、「海軍条例」において全国に5つの「海軍区」を定め、横須賀鎮守府は第一海軍区を所管した。
    また「鎮守府官制」により、鎮守府の組織として参謀部・軍医部・主計部・造船部・兵器部・建築部・軍法会議・監獄署などを置いた。

  • 軍港都市横須賀

    軍港都市横須賀

    横須賀での造船の歴史は1853年のペリー来航までさかのぼる。 この時幕府は大船建造禁止令を解いて浦賀造船所を設置、直ちに軍艦の建造を始め7か月を掛けて国産初の洋式軍艦「鳳凰丸」を建造した。
    これは浦賀奉行所与力の中島三郎助らに軍艦の建造を命じたことが始まりである。
    また1859年には日本初のドライドックが完成しアメリカへ向かう咸臨丸の整備が行われている。
    しかし小栗上野介らにより新たに横須賀港に製鉄所を建設することが決定され(後の横須賀造船所、横須賀海軍工廠)、艦艇建造の中心は横須賀へ移り、浦賀造船所は1876年に閉鎖された。
    1894年に中島三郎助の意志を継ぎ、榎本武揚らが中心となり、1897年に浦賀船渠が設立され、かつての浦賀造船所と同じ場所に工場が建設された。
    同時期に同じ浦賀に建設された東京石川島造船所の浦賀分工場との間で、艦船建造・修理の受注合戦が繰り広げられたという。
     その後第一次世界大戦・第二次世界大戦と各種軍艦を建造し終戦後は、米海軍の母港として現在に至る。

  • 戦艦三笠

    戦艦三笠

    日清戦争に勝利した我が国は、下関条約により賠償として清国から遼東半島を割譲されたが、強力な軍事力を背景とした露独仏三国の強い干渉を受け、遼東半島を清国に返還せざるを得なかった。
    欧米列強の軍事的脅威から主権と領土を守るためには軍事力の強化が急務と痛感した政府は、戦艦6隻、装甲巡洋艦6隻を基幹とする「六六艦隊整備計画」を推進した。
    「三笠」は、英国に発注した6隻目の戦艦であり1902年3月に竣工、直ちに横須賀に回航され、日露関係が悪化し戦時体制に移行した1903年12月、連合艦隊に編入され、その旗艦となった。